タイ移住移住はおすすめ?仕事探し・転職エージェントは?

タイへの移住!海外転職はおすすめです!

結論から言うと、タイへの移住・海外転職はおすすめです。

本気で考えている方は、まずは日本の大手転職サイトやエージェントに登録しましょう。

例えば、リクナビネクストやリクルートエージェントです。

まずは大手転職サイトとエージェントの2つに登録し、それを元に計画を立てて行くほうがいいと思います。

タイへの海外転職ならリクナビネクスト
タイへの海外転職ならRGF

さて、

タイは東南アジアの中でも一番日本企業・日本人が多い地域です。

それだけ、日本人と相性が良い国ということでしょうね!

それに伴って、タイと日本を結ぶ直行便も多く出ていることから、帰国もしやすく、はじめの海外移住にはおすすめです。

この記事では、

  • 「タイ転職のおすすめサイト・エージェントは?」
  • 「タイへ海外転職するってどんな感じ?」
  • 「タイに住むってどんな感じ?」

そんな疑問にお答えしていきます。

目次

タイへ移住した際の仕事は?

タイ移住で仕事を探す方法、おすすめのエージェントは?

まず、求人の探し方について

タイ現地の人材会社が掲載しているものと、日本の大手人材会社が掲載しているものの2種類があります。

基本的に前者の求人はタイに本社機能を置いている企業が多い傾向にあります。

反対に後者は日本に本社機能がある会社が多いです。

また、前者はいわゆる現地採用というものが多いです。

要するに、日本法人で採用されるわけではなく、タイの現地の法人と直接雇用契約を結ぶという形態です。

大まかには差がないのですが、

給料の額や、給料の一部を日本円で入金してもらえるか等、が変わってきます。

初めての海外転職を検討されている方は、まずは日本の大手人材会社が掲載している案件から見ていく方がいいかもしれません。

冒頭でもお伝えしましたが、リクナビネクストやリクナビエージェント等の大手にまずは登録してみましょう!

タイへの海外転職ならリクナビネクスト
タイへの海外転職ならRGF

タイに転職する場合、どんな仕事・職種があるの?

営業、製造、カスタマーサポート、飲食、クリエイターまで、幅広い求人があります。

タイ 海外転職 例

例えば、

  • 営業:IT営業(バンコク、70,000-100,000THB)
  • 生産管理:製鉄業の工場管理(ラヨーン、50,000-70,000THB)
  • カスタマーサポート:電話オペレーター(バンコク、34,000-40,000THB)
  • 飲食:日系中華料理店(バンコク、60,000THB)
  • クリエイター:動画制作会社(バンコク、80,000-100,000THB)

このように多彩な職種があります。

1THBが3.3円前後なので、おおよそ16万~30万円の範囲ですね。

お給料、高いですね!

これはIT系の企業ですが、

システム開発 – 新卒・未経験OK!給与:60,000~80,000THB –

こんな案件もありました!

最近は未経験でも働くことが出来る案件が出てくるようになったと思います。

以前までは、日本で経験を積んだ30代以上の案件が多かった印象ですが、20代向けの転職もあるんですね!

タイで仕事をする際に、必要な言語能力は?

例えば先程ご紹介した求人だと、

といった要件が求められています。

【言語】英語かタイ語が日常会話レベル以上

https://next.rikunabi.com/

といった要件が求められています。

タイでの就職では、工場管理などの職種を除くと、英語の日常会話レベルが最低限求められています。

日常会話というとTOEICでおおよそ600点以上です。

このレベルの点数であれば、私が紹介する勉強法をすればすぐに突破できると思います。

TOEIC勉強法については、また他の記事でご紹介します。

タイへ海外転職・移住した際の労働環境・ビザについて

タイ転職の仕事環境について

タイは日本と異なり、週休1日制です。

法定労働時間が1週間あたり48時間で、1日だと8時間なので、土曜日まで仕事をする会社が大半です。

ただ、時代の流れとして、良い人材を確保するために、土曜日は休日にする会社もあります。

応募前に、募集要項をしっかり読み、休みについては確認しましょう。

「週休2日制」と「完全週休2日制」は異なるものなので、注意です。

タイで仕事をするためのビザについて

ここは初期の段階では考えなくても問題ありません。

これだけ多くの日本人が移住している国なので、サポートも手厚いです。

面接時に、人事担当に聞くほうが早いでしょう。

タイ移住の生活費・貯金について

タイ移住生活の食費

ローカルの食事であれば、1食150円(50THB)程度で食べることが出来ます。

日本食では600-900円(200-300THB)程になります。

少し割高ですが、異国で日本食が食べれることを考えると、そこまで高くないですね。

日本食とタイ料理をバランスととりながら食べている人だと10,000THB(3万円)程、日本食ばかりを食べる人だと、20,000THB(6万円)程かかってしまいます。

タイ移住の生活費・食費

タイ移住のおすすめの交通手段

移動はタクシーが主になります。

アプリで乗りたい場所と行き先を選ぶだけなので、言葉が分からない方でも問題ありません。

配車アプリのGRABタクシーが一番安心でしょう。

先に値段がわかるので、安心して使うことが出来ます。

1日の生活費は家賃を除くと食費や交通費では1,000円(330THB)を超えるかな?くらいです。

タイ 交通手段 タクシー

タイに移住して、どれくらい貯金できる?

外国人が不便なく暮らせる最低限の条件で、おおよそ8~9万円で暮らすことが出来ます。

(家賃込み)

そのため、お給料の残り金額は貯金可能です。

もちろん、日本料理屋での外食が多くなってしまうと、かなり出費がかさむので、そういったものを抑えた上での話です。

タイに移住・海外転職した際の賃貸マンション・アパートについて

タイに住むなら、どんな家が多いのか、気になりますよね。

日本語に対応した不動産会社も多くあるので、こういったサイトで簡単に探すことができます。

タイ移住 生活・家賃はどの不動産会社がいいの?
アパマンショップ タイ

日本にもあるサービスなので、安心ですね。

試しに、20,000バーツ(66,000円)程で検索してみると・・・

なんとプール・ジム・サウナ付きの物件が・・・。

タイ移住 賃貸アパート
Rhythm Ekkamai

しかも駅まで10分程度、最寄りのスーパーも5分・・・。

最高ですね。

タイに移住するなら、バンコク?パタヤ?チェンマイ?おすすめは?

一番のおすすめはバンコクです。

日本人の数も突出して多く、求人も集中しています。

パタヤ(pattaya)やチェンマイ(chiang mai)は、落ち着いた雰囲気の街で、年金で暮らしている方やリタイアされた方が多い印象です。

チェンマイはタイの古都であり、古くからある日本料理屋等もあります。

また、最近はおしゃれなコワーキングスペースも増えつつあり、日本人の若い世代も増えてきているようです。

タイに移住して、他の国に旅行はしやすい?

簡単です。すぐに行けます。

こういった点も海外転職の魅力だと思います。

金曜の夜に思い立って、ふらっとシンガポールやベトナムに行くことなんて、すぐに出来ます。

しかもLCCが発達しているので、航空券も安いです。

日本に住んでいると海外が遠くに感じますが、タイでは陸続きなので、心理的な距離も物理的な距離もかなり近いです。

飛行機ですぐです。

こういったものも海外居住の醍醐味ですね。

さて、タイでの生活はご想像できましたでしょうか。

迷ったのであれば飛び込んでみるのも一つの選択肢だと思います。

タイへようこそ!

>> ベトナム 移住 仕事

>> マレーシア 移住 仕事

タイ移住・仕事探しについて、よくある質問

タイへの転職のためにおすすめのサイトやエージェントは?

タイ現地のものを含めてかなりの数がありますが、はじめての方はまずは日系大手のサイトをおすすめします。

タイ移住生活での生活・貯金は?

月に7-8万円ほどで生活可能です。それ以外の余ったお金は貯金にまわせます。

タイ転職はおすすめ?

大おすすめです。生活等詳しいことは、記事に書いてありますので、是非じっくり読んでください。

目次
閉じる