TOEIC900点 独学・初受験・3ヶ月で高得点を獲得した方法

就職活動や転職活動で、TOEICが必要になったけれども、


どのように勉強をしていけばいいか分からない。

いつも時間が足りなくなってしまう

そんなお悩みはありませんか?

私も実はそうでした。

この記事では、独学にてTOEICで高得点を獲得するために、実際に私がどのような勉強をしたのかを紹介いたします。

私はこの勉強法で、初受験にて905点を獲得することが出来ました。

この記事を読むことで、


TOEICで高得点をとるための全体像

具体的に何をするべきか。

勉強方法、スケジュール

について理解することができます。

目次

TOEIC受験前の私の状況 600-700点からスタート

TOEIC900点獲得した勉強スケジュール

TOEIC受験を決めた後、はじめに自宅で模試を解きました。

その際のスコアが、600-700点というスコアです。

大学受験の際に、相当な時間を費やした分の貯金で、このスコアをとることが出来ました。

そこから、3ヶ月の勉強期間で、905点まで上げることが出来ました。

話がずれてしまいましたが、スタート地点が700点弱という前提で読んでいただければと思います。

もちろん、ここに記載している勉強法は、どんなスコアの方にも応用できると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

ちなみに、受験時点で社会人だった為、勉強時間はあまり確保できませんでした。

平日は終業後(20:00-22:00)に図書館。

休日は午後からはずっと図書館。

という生活を3ヶ月続けました。

TOEIC試験の全体像を把握

当たり前ですが、最初にどのような試験なのかを把握しましょう。

一般的に、TOEICのスコアというと「TOEIC Listening & Reading(L&R)」のことを指します。

 TOEICの問題形式

まず大きく2つのセクションに分けられます。

リスニングセクションとリーディングセクションです。

それぞれが同じスコア配分で、合計990点満点のテストになります。

後述しますが、高得点をとるためにはリスニングの攻略が必須です。

リスニングが苦手な方でも、対策とコツをつかめば、問題ありません。

その、リスニングとリーディングセクションの中でも、パートが分かれます。

TOEIC試験内容

リスニングセクション

リスニングセクションは45分間で、Part 1〜4までの問題数100問。

Part1が6問、Part2が25問と、このPartは問題数が少ないですが、甘く捉えずにしっかりと対策を立てましょう。

リスニングセクションの実感として、

周りの受験生が必死にマークしている時間に、次の問題の読解と予想を出来るレベルになれば、高得点をとれるようになると思います。

難しいと思ったときは、そこは捨てて、次の問題の先読みに時間を使ってください。

リーティングセクション

リーディングセクションは75分間で、Part 5〜7までの100問。

時間がギリギリになります。

多くの受験生は、時間内にすべてを終えることが出来ません。

模擬試験で自分のスコアを把握する

あくまでも参考スコアにしかならないですが、まずは自分の立ち位置を把握しましょう。

精選模試や公式問題集でOKです。

制限時間も公式のものと同じにし、途中休憩も無しで、2時間ぶっ続けで取り組んでください。

この時点で意識して欲しいことは、自分にとって何が課題なのかを洗い出すことです。


そもそも分からない単語が多すぎて、前に進まない。

リーディングはなんとなく分かるけど、リスニング慣れしておらず、ボロボロ

時間が足りない

問題形式に慣れておらず、解きにくい。

などなど、人によって感じることが違うはずです。

TOEIC試験の受験日設定

全体像の把握が終わったら、さっそくですが受験を申込みましょう!

「勉強してから申込み」等と言っていたら、だらだらと勉強してしまいます。

年10回(1・3・4・5・6・7・9・10・11・12月)全国約80都市で実施。

チャンスがたくさんあって、素敵な試験ですね!

2-3ヶ月後の日程で、受験を決めましょう!

嫌いな勉強は、期限を決めて、スパッと終わらせましょう!

=>TOEICテスト日程

目標点数に向けて、課題を小分けにする

1-4「模擬試験で自分のスコアを把握する」での実感を基にして、自分の中の課題を分けていきます。

私の場合は、


はじめて見る単語が多い(単語を忘れている)

リスニングがボロボロ

問題形式に慣れておらず、時間が足りない

時間が長く、おしっこに行きたくなる(長時間の試験を受ける機会が久しぶり)

こういった課題がありました。

そこで、


単語力の強化

各パート別に量をこなしなれる

リスニング攻略

という3つの柱を立て、取り組んで行きました。

TOEIC単語を制する

「よく単語は問題を解きながら覚えていくほうが良い。その方が活きた単語力が・・・」のような意見を耳にします。

これは一理あると思うのですが、私の性格では無理です。

嫌なことは短期間で終わらせたいですよね!

ちまちまと単語学習をしていたら、受験日まであっという間です。

1つの単語帳を決めて、それだけを1-2週間取り組んでください。

このときのコツは、忘却曲線に従って動くことです。

寝る前と起きてすぐの行動が大切です。

嫌ですが、少しの辛抱と思って、頑張りましょう。

各パートの傾向を攻略する

TOEICの試験は、難解な問題は少ないですが、問題量が多いです。

そのため、「慣れ」がとても大切です。

試験当日に余計なことで悩まないように、慣れを作っておくことが大切です。

理想は、パート毎の対策問題集と買うことです。

おすすめは、別の記事にて紹介します。

少し費用がかかりますが、将来の投資と思って、我慢しましょう。

こういった問題集は1回やるだけでは意味がないので、2-3周できるようにスケジュールを立ててください。

特にリスニングは、何度も聞くようにしてください。

少しずつTOEICのリスニングスピードや癖について、分かるようになります。

全てのパートを1-2周した時点で、6の模擬試験に進んでください。

2ヶ月のスケジュールの方は、ここまでを1ヶ月。

3ヶ月のスケジュールの方は、ここまでを2ヶ月。

このペースで終わらせてください。

ここまでの期間に、基礎を固めることが出来るかが大切になってきます。

TOEIC模擬試験を解きまくる (公式&精選模試がおすすめです)

私は10セットほど、模擬試験をこなしました。

リスニングとリーディングを分けても構いませんが、出来るだけ、パート別に解くことがないようにしてください。

また、時間がとれるなら、2時間セットで取り組みましょう!

模擬試験を解いて、1-4の自分と比較して、更にどこが弱いかを分析しましょう。

パート毎の点数は分からないので、正答率でいいと思います。

正答率が弱いパートの洗い出しをし、また、5の各パート対策に時間を注ぎます。

5の各パート対策に戻る

TOEIC900勉強方法

この繰り返しが大切です。

私の時間配分としては、


まとまった時間がとれる休日に模擬試験。

平日は、各パートの対策に時間を費やしました。

ここで各パート対策にて、買った問題集の3周目・4周目に入ります。

その他 – モチベーション維持も大切です(ご褒美)

3ヶ月もモチベーションが保てない方もいるかもしれませんが、我慢です。

何か目標があって、TOEICを受験するのですから、その目標を具体的に想像して、頑張りましょう!

ちなみに、私の場合は、

海外で働きたいという目標から、最低でも860点は取りたいという気持ちで頑張りました。

*それ以外にも、

高得点取得者に対する会社からの報奨金

父親の冗談交じりの「900点超えたら、パソコン買ってやるわ~」

をモチベーションにして頑張りました。

結果として、20万円程獲得したので、らくらく元はとれました。

まとめ – 戦略を立てて量をこなすことが大切

一言でまとめると、「量」が重要です。

量をこなしながら、全体像と個別パートを行き来し、全体の底上げをしていきましょう。

そうすることで、高得点を獲得できるようになると思いますよ!

私が使った問題集については、別の記事で紹介させていただきます。

目次
閉じる