プログラマーやITエンジニアとして海外で働く方法。未経験でも可能?

プログラマーやITエンジニアとして海外で働く方法

プログラマーやエンジニアの仕事は、海外にも拠点を置いている企業が増え始めていますよね。それに伴いプログラマーとして海外転職をする人も増えています。

日本拠点での開発では人件費が多くかかってしまうため、オフショア開発のために、海外拠点で現地人材を採用し、日本人をマネジメント役として配置している日系企業も多いです。

  • プログラマーとして日本で働いていて、海外勤務が気になっている方
  • エンジニアとして日本で働いていて、海外勤務が気になっている方
  • 未経験だが、熱い分野であるオフショア開発に携わってみたい方

そんな方は、この記事を読んでみてください。

海外でのプログラマーやITエンジニアの仕事の特徴としては、

  • 海外での採用枠はマネジメント職が多いが、若くから管理側として働くことが出来るチャンスがある。
  • 人材が足りておらず、未経験でも応募可能な案件もある。

というものがあります。

目次

プログラマーやITエンジニアが海外転職をするメリット

冒頭でも書いた通り、

海外での採用枠はマネジメント職が多いが、若くから管理側として働くことが出来るチャンスがある

ことが一番の魅力です。

その他にも、労働環境面や生活環境でもメリットがあります。

 プログラマーの海外転職は、マネジメント側として学べるチャンス

オフショア開発では、海外の人件費が安い国に拠点を置いていることが多いです。

そのため、人件費が高い日本人をわざわざ末端社員として雇う理由がありません。

また、日系の海外拠点の場合は、クライアントが日本人であるため、

クライアントと現場の調整をする役割も求められます。

必然的に、マネジメント側に立つことが出来ます。

日本で働いていると、上の年代が詰まっているので、マネジメントの仕事を任されるまでに時間がかかってしまいますが、海外では20代で管理職になれることも珍しくはありません。

ステップアップ、スキルアップとして、大きなメリットです。

海外在住プログラマーの労働環境

日本ではブラック企業さながらの労働環境であることが多いですが、海外は緩い環境です。

夢の定時退社の日々を遅れます。

国にもよりますが、

海外現地で採用している現地人材は、定時になったら帰宅することが普通です。

ワークライフバランスを保つ上では、とても良い環境です。

生活環境 – 生活費が安い

家賃を含めて月5万円で生活できる国もあります。

日本ではどう頑張っても10万円はかかってしまうため、大きな魅力です。

また、少し贅沢をして家賃に4万円以上予算を割くことができれば、良い物件にすむことができます。

東南アジアでは、サービスアパートという、掃除・洗濯付の賃貸が多いです。

住居費まで支給してくれる会社もあり、そうなるとかなり貯金できます。

プログラマーやITエンジニアが海外転職をするデメリット

メリットばかりではなくデメリットも、もちろんあります。

  • 現地採用の場合は、給料が下がる可能性がある
  • 新興国が多いため、病気の心配
  • 日本よりも治安が悪くなる
  • 語学力が足りない場合、苦労する

プログラマー・エンジニアの現地採用の場合は、給料が下がる可能性がある

駐在として日本から派遣される場合は、高所得が期待できます。

しかし、現地企業から直接雇用される現地採用の場合は、現地に合わせた給料体系になるため、日本よりも所得が下がるかもしれません。

ただ、このデメリットは生活費も安くなるため、そのバランス次第です。

新興国が多いため、病気の心配

日本には無いような病気もあります。

また、東南アジアはバイク率が高く、事故リスクもあります。

これについては、保険でカバーできますね。

外国人が加入するような医療保険は、年額で10-20万円程です。

日本よりも治安が悪くなる

地域によっては、犯罪が多くなります。

ただ、日本企業が多い地域は比較的安定した治安です。

スリやひったくりには注意ですが・・。

語学力が足りない場合、苦労する

基本的に英語でのやり取りとなります。

そのため、英語が苦手な方だと最初は苦労します。

その分、英語力を高める機会には恵まれているので、スキルアップにも繋がります。

未経験でも、海外でプログラマーとして働ける案件もあり

経験者よりは、案件数は減ってしまいますが、未経験者応募可能という会社もあります。

ただ、入社後にITの知識習得を求められることは当然なので、経験はなくとも知識習得くらいは面接前にしておくべきところです。

未経験の方は、「業務経験は無いけれど、勉強中で、今後キャッチアップが可能」ということを示すことが出来れば、採用確率が上がると思います。

プログラマー・エンジニアが海外転職した場合の年収・待遇

オフショア開発が盛んな、フィリピンとベトナムを例に解説します。

セブの事例

未経験者

給料の最低ラインが10万円程。

土日祝日は休み。

(IT系の事務職で、この待遇)

経験者

給料の上限ラインが25万円程。

高いものは年収で500万円以上のものもあります。

土日祝日は休み。

ベトナムの事例

未経験者

未経験者

給料の最低ラインが15万円程。

土日祝日は休み。

(IT系のカスタマーサポート職で、この待遇)

経験者

給料の上限ラインが30万円程。

(20-30万円が多いです。)

土日祝日は休み。

プログラマー・エンジニアが海外転職をするために必要なスキル

プログラミングやエンジニアとしての経験については、求人によって様々なのでここでは省略いたします。

未経験でもOKなものもあるため、基準としてはかなり低いです。

一番のハードルが言語です。

言語不問にしている求人も多いですが、社内コミュニケーションとして英語を使うことが多いので、日常会話レベルの英語力は持っておきたいところです。

(*通訳がいる会社もあるので、その限りではありません!)

面接で合格するためにも、日常会話レベルの英語力(TOEIC600点)程度があれば、マイナスな評価はされないと思います。

TOEICの資格を要件としていない会社もあるので、

現状で転職エージェントに相談してみるのもありかもしれませんね。

リクナビNEXT

幅広い求人を取り扱っています。

日本国内だけではなく、海外案件も多数あります。

職務経歴書の登録で、専門のコンサルタントがついてくれるので安心。

=>https://next.rikunabi.com/

テックゲート

リモートワーク可能な案件を多く扱っています。

どこに住んでいても稼ぐことができます。

フリーランスとしての力を身に着けておけば、帰国する場合にも安心ですね。

=>https://tecgate.jp/

プログラマー・エンジニアの海外転職におすすめの国

プログラマーの海外転職におすすめの国

フィリピンのセブ島とベトナムのハノイがおすすめです。

  • セブ島 => IT系の求人が多い。温暖な環境で過ごしやすい。
  • ベトナムハノイ => 日本語が出来る人材が多く、仕事をしやすい。フィリピンよりも給料が高い。

まとめ – プログラマーやITエンジニアとして海外で働く方法

少しでも「海外への転職が気になっている」という方は、まずは転職エージェントに相談してみることをおすすめいたします。

現地での働き方や募集条件等を確認した上で、海外転職する・しないの判断をすることも賢いですね。

思ってみたら、まずは行動です。

エージェントの登録は無料で1分で出来ます。

この1分であなたの人生が変わるかもしれません。

Rank


ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる