海外で看護師として働く方法。給料や待遇は?海外正看護師・現地採用

看護師海外転職

看護師が海外転職をするには、どのような方法があるのでしょうか?


看護師としての専門性だけでなく、語学力も身につけて海外で看護師として働いてみたい

キャリアアップのために、海外で働きたい

結婚をすると海外には行けないので、若いうちに海外で仕事をしてみたい

そんな方が増えています。

一方で、専門性が高い分野であるため、


海外で看護師をしてみたいけど、どうやってなれるかが分からない。

専門用語を英語で習得出来る気がしない

そんな悩みもありますよね。

海外正看護師、医療ボランティア、現地採用・・・

様々な選択肢がありますが、時間や費用の面の心配もありますよね。

この記事を読むことで、

海外で看護師になるための方法やその難易度

について理解することが出来ます。

結論から言うと、現地採用での海外転職は一番ハードルが低いです。

看護師の海外現地採用について知りたい方は、目次の後半をご覧ください。

目次

海外正看護師としての資格を取得するために看護留学をする

看護留学して海外正看護師の資格を取得

こちらについては正看護師資格を持っている方のみとなります。

准看護師資格のみを持っている方は、正看護師資格を取得する必要があります。

看護留学で海外看護師免許・在留資格を獲得

看護師は国家資格であるため、各国で働くための条件や制度が異なります。

そういった基準を満たすために、海外正看護師資格取得留学というものがあります。

  • 海外で働くための英語力強化
  • 日本と異なる看護制度の学習
  • 海外で働くための看護師資格取得
  • 海外で働くためのビザ等の取得

こういったものを目指し、多くの人が留学に参加しています。

海外正看護師資格取得の方法

日本で取得している正看護師資格を、海外での正看護師資格に書き換え、もしくは新規取得をする必要があります。

これは、国によって、手続きが変わってきます。

アメリカ・カナダでの正看護師

試験が必要になります。

また、試験の受験前には日本で取得した免許と、専門学校・大学で学んだカリキュラムが適切なものであるかの審査があります。

オーストラリア・ニュージランドでの正看護師

専門学校や短大が最終学歴となる方は、大学への編入が必要になります。

英語力も必要

海外の医療現場で働くためには、相当な英語力が求められます。

TOEICは利用できず、留学等で用いられるIELTS、TOEFL、OET等のテストを受験する必要があります。

ビザの取得もハードルが上がっている

資格・英語力という関門をクリアーしても、海外で働くことが出来るか分かりません。

近年では、ビザの取得が厳しくなっております。

現地の病院がビザ取得のためのサポートをしてくれる場合はうまくいくこともありますが、そうでない場合は難易度がはねあがってしまいます。

英語圏は日本よりも、待遇が充実していることが多いです。

そのため、留学後にそのまま採用されれば、待遇の大幅アップが望めます。

ただし、留学のためには費用がかかってしまいますよね。

学費や生活費も合わせると、かなりの額になってしまいそうです。

投資する金額や時間と確率を考えると、厳しいですね。

国際看護師としてボランティア

看護師国際ボランティア

海外正看護師資格が難しい場合に、次に検討されることが多いものが国際医療ボランティアです。

国際医療ボランティアとしては、


国境なき医師団

青年海外協力隊

ジャパンハート

といったものがあります。

国境なき医師団

正看護師の方のみが応募が出来ます。

ただ、難易度はかなり高いです。

必須要件としては、

  • 5年以上の臨床経験
  • 英語またはフランス語で業務に対応できること
  • 熱帯医学に関する学位または臨床経験
  • 1年以上の感染管理経験
  • 強いリーダーシップ
  • マネジメント、監督、教育の経験

があります。

青年海外協力隊

JICAが主催している青年海外協力隊の看護師部門に応募する方法です。

看護師の倍率はそこまで高くはないようです。

(例年3倍程度の倍率です。)

応募要件は、

  • 看護師の国家資格があること
  • 実務経験が3年以上あること

です。

国境なき医師団と比較すると、かなりハードルが下がりますね。

ジャパンハートや国境なき医師団に、参加する。

語学力やキャリアに関係なく、申込をすることが出来ます。

1週間での短期ボランティアコースもあるので、適性があるのか試してみたい方にもおすすめですね。

=>ジャパンハート

これら以外にも、世界の医療団(認定NPO法人)のボランティアもあります。

ボランティアですが、交通費や生活費の補助もあるので、いいですね。

ただ、交通費や生活費の補助があるとは言っても、貯金ができるような額ではないことが一般的です。(ボランティアなので当たり前ですが・・・)

経済的に余裕がある方は、給料や待遇は気にされないかもしれませんが、そうでない方の方が多いですよね。

日本の看護師資格のみで働ける国で、日系医療機関に現地採用される

看護師転職なら日系クリニック現地採用

これまでで、海外正看護師とボランティアについて解説しましたが、

海外正看護師資格の場合、留学費用の問題

ボランティアの場合、待遇の問題

がありますよね。

また、海外経験が無い方がいきなり外国人だらけの環境に行くことに不安もあると思います。

そういった方におすすめなのが、海外にある日系の医療機関で現地採用として働くことです。

日系の医療機関なので、医師も日本人がおり、患者も日本人がほとんどです。

英語力が無い方でも、十分に働くことが出来る可能性があります。

先進国では、資格の問題がありますが、ベトナムやカンボジア等の東南アジア諸国では、日本の資格のみで応募可能なものがあります。

日系クリニックへの現地採用は一番ハードルが低い

  • 資格
  • 言語
  • 生活

の3点で、日系医療機関への現地採用が一番理想的です。

資格 | 看護師資格とビザの面で安心

日本の正看護師資格のみで働くことが出来る

現地採用をしている医療機関はビザサポートもしてくれるため、手続きが確実

言語 | 難しい看護用語を英語で覚える負担から開放

医師も患者も日本人である場合が多く、難しい英語の医療用語から開放される

生活 | 日本人が多いので安心して暮らせる

日系のクリニックがあるような国では、日本人街なども充実しており、必然的に周りに日本人が多い環境になります。

また、日本食や日本製品も充実しているため、まるで日本にいるような感覚で過ごすことができます。

ボランティアで行くような国は、インフラが発展していないことが多く、海外での経験が少ない方は苦労すると思います。

その点、日系の医療機関がある国は安心です。

ベトナムにある日系医療機関

ロータスクリニック(ハノイ・ホーチミン)

ロータスクリニック(ハノイ・ホーチミン)

ベトナムで初めて開設された日系クリニックです。

東京インターナショナルクリニック・ハノイ

日本とその他海外で医療事業を展開しているNEXWELグループに属しているクリニックです。

さくらクリニック

2014年3月に開業したクリニックです。
ハノイ市内の自然が多い場所に位置しており、とても良い環境です。

タイにある日系医療機関

サミティヴェート日本人医療センター

タイ最大の病院グループ、バンコク・デュシット・メデイカル・サービス・グループに属しているクリニックです。

DYMインターナショナルクリニック

タイ・バンコクにある国際的な医療機関です。

その他・海外にある日系医療機関

海外にある日本人街一覧 |日本食が豊富(東南アジア&アジア)

を見ていただくと、海外で日本人コミュニティがある地域が分かります。

そういった地域のほとんどに日系の医療機関があります。

海外にある日系医療機関に看護師が転職する方法

大きく2つの方法があります。


直接募集をしている病院を探す

看護師の転職専門サイトで探す

両方のやり方で、転職先を探すことをおすすめします。

直接募集をしている病院を探す

「国名 + 看護師 + 求人」で検索すると、求人が出てきます。

ただ、情報が古い場合もあるので、注意して確認することが必要です。

例えば、「ベトナム 看護師 求人」で検索した場合、

これだけの件数が検索結果に出てきます。

資格の問題で東南アジア諸国の方が案件が多いです。

手順としては、

  1. 行きたい国を決める
  2. 「国名 + 看護師 + 求人」で検索
  3. 募集条件を見て良ければ、詳細を問い合わせる

という流れで、転職先を探していきましょう。

看護師の転職専門サイトで探す

「国名 + 看護師 + 求人」で検索した場合、

病院が直接募集をしている場合と、転職エージェント経由の場合の2パターンが検索結果に出てきます。

この転職エージェントは、多くが医療系に特化していないものです。

こういった一般的なエージェントは、医療に特化していないため、看護師の海外転職に関する案件数も少なく、おすすめできません。

出来れば看護師に特化した専門家にアドバイスをもらいたいですよね。

そんな方は、日本で運営されている看護師専門の転職サービスに登録してみることをおすすめします。

理由としては、


表に出ていない求人が見つかることがある

日本拠点と海外拠点を持っている医療機関の求人もある

の2点です。

「表に出ていない求人が見つかることがある」

=>競争率が低くなるので、採用確率が上がる。

給料や待遇を公開して求人を出すと、応募者が殺到してしまいます。

そうすると、採用側も時間やコストがかかってしまい大変です。

そのため、求人を非公開にしていることがあります。

裏を返せば、非公開求人は、給料・待遇が良い可能性があります。

「日本拠点と海外拠点を持っている医療機関の求人もある。」

=>帰国したい場合に、そのまま日本拠点で働ける可能性がある。

こういった点がメリットです。

看護師の海外転職について、よくある質問

看護師が海外転職をするなら、どんな方法がある?

大きく分けて、看護留学で資格取得、ボランティア参加、海外日系医療機関への転職の3つの方法があります。

海外勤務の看護師求人を見つける方法は?

「行きたい国+看護師求人」で探すことをおすすめします。日本国内のサイトには、海外勤務案件はあまり掲載されていません。

ベトナムで看護師として転職する方法は?

ベトナムにはロータスクリニックやさくらクリニック等、日系のクリニックが多くあります。そういった病院の公式ページに求人が掲載されていることがあるので、チェックしてみましょう。

まとめ | 看護師が海外転職をする方法

ここまでで看護師の海外転職3パターンについて紹介してきました。


海外正看護師資格

医療ボランティア

海外日系クリニックへの現地採用

この中で、一番ハードルが低いものが、「海外日系クリニックへの現地採用」です。

「あの時、海外に行っておけば良かったな・・・」

後で後悔をすることが無いように、思い立ったらすぐに行動してみましょう。

案件を確認するだけであれば、今すぐに出来ます。

こちらのサイトに登録し、転職案件について確認してみましょう!

30秒~1分で登録可能です!

無料なので、まずはここから探してみましょう!

看護師求人紹介 実績No.1【ナース人材バンク】 専任のキャリアパートナーが相談に乗ってくれ、非公開求人も充実しています。 エージェント型のため、直接は聞きにくい条件面も、エージェントが調整してくれます。

求人件数日本最大級!看護師求人【ジョブメドレー】サービス形態がエージェント型ではなく、 自ら検索するサーチ型です。 そのため、エージェントからのしつこい電話や催促がありません。 非公開求人はありませんが、掲載数が多いのでおすすめ!

Rank


ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる