Googleフォームで自動メール返信内容をカスタマイズ・変更する方法

google formメール内容カスタマイズ

Googleフォーム入力後の自動メール返信の内容を、もっとカスタマイズしたいと思ったことはありませんか?

通常、Googleフォームの自動メール返信は、入力してもらった内容がそのまま送られてしまいます。

これでも十分な機能ですが、


入力内容によって、返信内容を変えたい場合

テスト機能を使って、評価を送りたい場合(◯点以上はA等)

こういった際には、一工夫が必要です。

大まかな手順は、

STEP
Googleフォームを作成
STEP
スプレッドシート作成

Googleフォームの回答が記録されるスプレッドシートを作成します

STEP
別のスプレッドシートに内容をコピー

これを行う理由については後述します。

STEP
STEP3のスプレッドシートにスクリプトエディタを設定
STEP
メールを送信するタイミング(トリガー)を設定
目次

Googleフォーム作成

まずは、Googleフォームを作成します。

入力先スプレッドシート設定

回答がこのシートに入っていきます。

スプレッドシート内容を別ファイルにコピー

コピーをする理由は、Googleフォームの回答が送信される際に、シートが上書きされてしまうからです。

これによって、設定した関数が消えてしまい、使いたい機能が使えなくなってしまいます。

=importrange(“◯◯”,”フォームの回答 1!A1:E500″)

◯◯の部分に、コピー元のスプレッドシート番号を入力します。

“docs.google.com/spreadsheets/d/◯◯/”となっている部分です。

その後、カスタマイズ返信内容のために関数や文字を記入。

ツール>スクリプトエデュタから、メール返信機能を実装

スプレッドシートのツール部分から、スクリプトエディタを選択します。

スクリプトエディタで、下記のように入力していきます。

ポイントは後ほど解説します。

function autoReply() {
 var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
 var row  = sheet.getRange(1,2).getNextDataCell(SpreadsheetApp.Direction.DOWN).getRow();
 var id     = sheet.getRange(row, 1).getValue();
 var name     = sheet.getRange(row, 2).getValue();
 var phone     = sheet.getRange(row, 3).getValue();
 var emailAddress     = sheet.getRange(row, 4).getValue();
 var old     = sheet.getRange(row, 5).getValue();
 var place     = sheet.getRange(row, 6).getValue();
 var item     = sheet.getRange(row, 7).getValue();

 var title = "【THÔNG BÁO】ĐĂNG KÝ THÀNH CÔNG"; 
 var mail_body
 = "CẢM ƠN BẠN ĐÃ ĐĂNG KÝ.\n"
 +"CHÚNG TÔI XIN TIẾP NHẬN THÔNG TIN DƯỚI ĐÂY.\n"
 + "\n" 
 + "--------------------------------------\n"
 + "■Họ và tên\n"
 + name + "\n"
 + "■Địa chỉ mail\n"
 + emailAddress + "\n" 
 + "■Số điện thoại\n"
 + phone + "\n" 
 + "■Sinh nhật\n"
 + old + "\n" 
 + "■Địa chỉ\n"
 + place + "\n" 
 + "■Đường URL\n"
 + item + "\n" 
 + "\n" 
 + "Mọi thắc mắc và trợ giúp vui lòng liên hệ Zalo : "
 + "Vui lòng xem tại đây để biết các điều khoản và điều kiện liên kết : \n"

 
 + "---------------------------------------\n"
 + "";

 GmailApp.sendEmail(emailAddress,title,mail_body);
}

スクリプトエデュタ編集のポイント①

この部分では、スプレッドシートから取得したいセルの場所について、その名前を定義しています。

function autoReply() {
 var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
 var row  = sheet.getRange(1,2).getNextDataCell(SpreadsheetApp.Direction.DOWN).getRow();
 var id     = sheet.getRange(row, 1).getValue();
 var name     = sheet.getRange(row, 2).getValue();
 var phone     = sheet.getRange(row, 3).getValue();
 var emailAddress     = sheet.getRange(row, 4).getValue();
 var old     = sheet.getRange(row, 5).getValue();
 var place     = sheet.getRange(row, 6).getValue();
 var item     = sheet.getRange(row, 7).getValue();

スクリプトエデュタ編集のポイント③

ここで、メールの文面を設定しています。

var title = "【THÔNG BÁO】ĐĂNG KÝ THÀNH CÔNG"; 
 var mail_body
 = "CẢM ƠN BẠN ĐÃ ĐĂNG KÝ.\n"
 +"CHÚNG TÔI XIN TIẾP NHẬN THÔNG TIN DƯỚI ĐÂY.\n"
 + "\n" 
 + "--------------------------------------\n"
 + "■Họ và tên\n"
 + name + "\n"
 + "■Địa chỉ mail\n"
 + emailAddress + "\n" 
 + "■Số điện thoại\n"
 + phone + "\n" 
 + "■Sinh nhật\n"
 + old + "\n" 
 + "■Địa chỉ\n"
 + place + "\n" 
 + "■Đường URL\n"
 + item + "\n" 
 + "\n" 
 + "Mọi thắc mắc và trợ giúp vui lòng liên hệ Zalo : "
 + "Vui lòng xem tại đây để biết các điều khoản và điều kiện liên kết : \n"

 
 + "---------------------------------------\n"
 + "";

 GmailApp.sendEmail(emailAddress,title,mail_body);

メールを送信するタイミング(トリガー)を設定

どのタイミングでメールを送信するのかを設定します。

スクリプトエデュタ画面の上欄から設定可能です。

Googleフォーム入力後に、カスタマイズしたメール内容が送信されるかを確認

ここまでの設定に問題がなければ、完成されているはずです。

私も初心者なので、うまく説明できているか分かりませんが、書いてあるとおりに設定をすれば必ず出来ます。

もし参考になった場合は、是非シェアをお願いします!

Rank


ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる