中国移住はおすすめ?仕事探し・転職エージェントは?

中国の経済成長は著しく、所得水準・生活水準もどんどん改善しています。

携帯電話メーカーのHUAWEIが日系求人サイトに初任給・月収40万円の案件を掲載し話題になったことを耳にした方も多いのではないでしょうか。

中国への転職の競争率は激しいですが、不可能ではありません。

本気で考えている方は、まずは日本の大手転職サイトやエージェントに登録しましょう。

例えば、リクナビネクストやリクルートエージェントです。

タイへの海外転職ならリクナビネクスト
タイへの海外転職ならRGF

まずは大手転職サイトとエージェントの2つに登録し、それを元に計画を立てて行くほうがいいと思います。

この記事では、

「中国転職のおすすめサイト・エージェントは?」

「中国へ海外転職するってどんな感じ?」

「中国に住むってどんな感じ?」

そんな疑問にお答えしていきます。

 
目次

中国移住での仕事について

中国への海外転職の方法について、おすすめのエージェントは?

まず、求人の探し方について

中国現地の人材会社が掲載しているものと、日本の大手人材会社が掲載しているものの2種類があります。

基本的に前者の求人は中国に本社機能を置いている企業が多い傾向にあります。

反対に後者は日本に本社機能がある会社が多いです。

また、前者はいわゆる現地採用というものが多いです。

要するに、日本法人で採用されるわけではなく、中国の現地の法人と直接雇用契約を結ぶという形態です。

大まかには差がないのですが、

給料の額や、給料の一部を日本円で入金してもらえるか等、が変わってきます。

初めての海外転職を検討されている方は、まずは日本の大手人材会社が掲載している案件から見ていく方がいいかもしれません。

中国に転職した時に、どんな仕事・職種があるの?

まず、中国への転職は東南アジア等に比べるとハードルが高めです。

中国での経験や技術があればかなり有利ですが、それ以外の日本語のみで出来る仕事は給料面や待遇も良くなく、ビザの取得も難しい場合があります。

中国の求人の特徴は、最近ではIT、エンジニア等の技術に特化したものや、それに付随する営業の募集が多くなっています。

例えば、

IT系:システム開発(広州、10,000~30,000元)

エンジニア系:機械設備 (蘇州、30,000~60,000元)

営業:WEBマーケティング・セールス (上海、8,000~12,000元)

事務:日本語学校事務 (上海、10,000元)

このような求人があります。

1元が15円前後なので、おおよそ15万円~のですね。

やはり技術系の職種であるほど、給料が高くなっています。

中国で仕事をするのに、必要な言語能力は?

まず、中国語のネイティブレベルを求める求人は少ないです。

求められても、日常会話レベルです。

一方で、英語力についてはビジネスレベルまで求められる場合があります。

日本語のみでの仕事の場合は、待遇や給料面でかなり差がついてしまいます。

英語や中国語の習得が難しく、技術面でも自信が無い方は、東南アジア諸国で探した方がいいでしょう。

中国へ海外転職・移住した際の労働環境・ビザについて

中国転職の仕事環境について

中国では、経済成長に伴い、働き方改革も進んでおります。

中国政府は、2030年までに全地域で「週休3日制度」(法定労働時間、週4日・1日9時間の計36時間)を導入する方針で動いています。

中国東部の一部地域では、2020-2025年の間で、順次試験的に導入していくようです。

今は日本と同じく週休2日制ですが、これからより働きやすい環境が整っていくことが予想されます。

中国で仕事をするためのビザについて

ここは初期の段階では考えなくても問題ありません。

これだけ多くの日本人が移住している国なので、サポートも手厚いです。

面接時に、人事担当に聞くほうが早いでしょう。

中国移住の生活費・貯金について

中国転職生活の食費

食費は、北京や上海だと日本とそこまで変わらず、広州等の地方であれば下がってきます。

北京・上海だと、ローカルレストラン700円程度、少し購入なレストランだと1,500円程度です。また、ローカルの食堂であれば、300円程で食べることが出来ます。

広州の場合、一般的なレストランだと300円からになります。

自炊に関しては、食材は日本よりも安く手に入れることができるため、自炊を合わせれば食費をかなり削減することが出来ます。

(日本でも中国産の野菜が多いですよね!)

中国移住の交通手段

日本人の求人があるような地域は都市であることが多いため、鉄道網が整備されています。

都心の地下鉄だと、高くても1回あたり100円です。

タクシーも初乗り400円程度で、5km近く乗ることが出来るので、非常に便利です。

中国に移住して、どれくらい貯金できる?

外国人が不便なく暮らせる最低限の条件で、おおよそ12万円~で暮らすことが出来ます。

(家賃込み)

そのため、お給料の残り金額は貯金可能です。

もちろん、日本料理屋での外食が多くなってしまうと、かなり出費がかさむので、そういったものを抑えた上での話です。

中国に海外転職・移住した際の賃貸マンション・アパートについて

中国に住むなら、どんな家が多いのか、気になりますよね。

日本語に対応した不動産会社も多くあるので、こういったサイトで簡単に探すことができます。

例えば、

上海の場合は

シノケン不動産(https://shinoken-shanghai.com/ )

広州の場合は

Better House(http://betterhouse.jp/koushu/)

といった日本人向けのサイトがあります。

広州だと一番安い物件が、5,000元程度。

上海の場合は、6,500元程度から探すことが出来ます。

中国に移住するなら、どの地域がおすすめ?北京・上海・広州…?

日本食や日本の食材が気軽に買えるような地域をおすすめします。

例えば、上海だと、「虹橋・古北」「虹口」という日本人街があります。

また、広州ですと、偉大なるイオンモールがあります。

個人的には海外在住でも、イオンさえあれば、日本食や食材に困ることはないのかなと思います。

北京、天津、蘇州、武漢、杭州、河北、青島・・・

かなりの場所に出店していますね。

中国のイオンについて気になる方はこちら => イオン中国

「地域名+日本人街」「地域名+日本食」等で検索すれば、自分の働きたい地域での生活が分かってくるのではと思います。

総評ですが、中国への転職は難しい面もありますが、それをクリアすればかなりの高待遇となります。

また、生活にも不便を感じることは少ないでしょう。

目次
閉じる